生活

24歳OLが言いたいこと

A LONG DAY/ミツメ(2016)

 

A Long Day

A Long Day

 

 

実は数年前に一度ライブを観たことがある。その時はすごく小さな場所で、尺も短かったんだけど、雰囲気のいいバンドだなぁと思った。いつハマるかな~と自分でも思っていたが、やっと来ました。

 

 

 

ミツメの音楽に触れるのはこのアルバムが初めてだが、”空間(もしくは、すき間)の多い”音楽だなぁと思った。それでいて、分かりづらくないのだ。こういうバンドは分かりづらい場合が多いけど、ミツメはポップなメロディラインが、非常にいい。

このアウトローだけどちゃんと聴きやすくて、あえて狙っている感じ、スピッツによく似ている。ボーカルの川辺さんの顔と雰囲気もちょっとマサムネちっく。

 


ミツメ - オブジェ

 

立ち読みしたMUSICAでは、『サイケデリック』なんて紹介されていた。

彼らの今までのCDを聴いていないので、なんとも言えないけど、ストンと腑に落ちなかったのはなんでだろう?形容しがたいこのミツメの音楽を、どう言葉にすればいいのか未だに分かりませんが、まぁ、つまりそういう音楽なんですね。浮遊感、脱力感、空虚感、言葉にしてもどれもバシッとはまらない。ボーカルの川辺さんは”アルバム自体は何も言ってない”と発言していた。

 

確かに歌詞は、意味のないようなあるような、よく分からない感じ。

現実と非現実をフワフワ行き来するような、無駄のない音と言葉。

その神秘性が、ミツメというバンドにすると、またいいな、と思う。

 

なぜ君はそんな 羨ましく見える ただ歩くのに 街を振り返らせて

なれたら 君のように 僕は誰にもなれないまま

”あこがれ”

 

誰もが時を 思うまま過ごして 同じかたちで 変わらずにいた 

”オブジェ”

 

何かがあるとそのフォルダや想いに名前を付けたくなるのが人間の性(サガ)だが、そこを曖昧にさせる独特の空気を、ミツメは持っているなぁ。素敵です。